1998年の今日、「Windows 98」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年07月25日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

おもなできごと
・1998年7月25日、マイクロソフトが「Windows 98」(日本語版)を発売
・2006年7月25日、パナソニックが世界初となる4GBのSDHCカード「RP-SDR04GJ1K」を発売
・2009年7月25日、ASUSが1366×768ドットの11.6インチ液晶を備えたネットブック「Eee PC 1101HA」を発売
・2014年7月25日、auが米軍事規格MIL-STD-810Gに準拠した「TORQUE G01」を発売7月25日は「はんだ付けの日」。滋賀県東近江市のNPO法人、日本はんだ付け協会が2011年に制定。はんだの成分元素が7種類あることと、最適な温度が250度ということから、この日になりました。

過去のできごとで気になったのは、マイクロソフトの「Windows 98」発売(1998年)。Windows 95に続く9x系のOSで、インターネットの普及期に登場したこともあり、標準でTCP/IPのサポート、そしてブラウザーのInternet Explorerを装備していました。Windows 95もOSR2でこれらを搭載していましたが、OSR2はOEM版のみとなるため、単体販売ではWindows 98からとなります。拡張キットの「Microsoft Plus! for Windows 98」も同時に発売され、ウィルス対策、圧縮フォルダー(ZIP)、デスクトップテーマ、ゲームなどが収録されていました。ちなみに、トップの起動画面はWindows 98SEのものです。

もうひとつ気になったのは、パナソニックの「RP-SDR04GJ1K」発売(2006年)。SDカードはFAT16を採用していたことから上限が2GBとなっていましたが、ファイルシステムをFAT32に変更し、32GBまで拡張したのがSDHC。このSDHCに対応した初のカードが、「RP-SDR04GJ1K」です。ちなみにこのSDHC規格と同時にスピードクラスも策定され、CDの速度を基準にした「n倍速」から、「Class 2」(最低保証レート2MB/s)といったように、分かりやすいスピード表記へと変更されました。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

マクドナルドが「Suica」「nanaco」決済に対応、8月1日から


マクドナルドで使用可能な電子マネーの種類が増えたという話題です。

やたらと種類の多い日本の電子マネー。コンビニなどでは対応が早く、どの電子マネーを使っていても困ることがないので気にしていませんでしたが、マクドナルドが1年前まで交通系電子マネーが使えなかったというのは意外でした。クレジットカードにも対応しましたし、手持ちの現金がなくてもなんとかなるお店が増えたのは喜ばしい事です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: microsoft, panasonic, sdhc, today, windows 98
0シェア
FacebookTwitter