手書きのメモはデータで残しておくと、複数人で共有しやすくなります。また、古くなったメモの必要なページをPDFにまとめておくと整理も簡単です。こうした作業はスキャン用の専用ツールを使わなくても、iPhoneの「メモ」アプリで行えます。

「メモ」のスキャン機能を起動する


iPhoneの「メモ」アプリでスキャン機能を使うには、メモの記入画面で「+」をタップして、「書類をスキャン」を選択します。スキャン画面では、書類の範囲が自動で認識されるので、基本的には撮影ボタンをタップするだけでスキャンが完了します。


▲「メモ」アプリで新規メモを作成し、キーボードが表示された状態で「+」をタップ(左)。表示されたメニューから「+」をタップ(右)

▲「書類をスキャン」を選択(左)。スキャン機能が起動するので、メモに向けてシャッターアイコンをタップすると撮影できる(右)

スキャンしたデータを整える


手書きの文字を明瞭にスキャンするには、スキャンをする際に「白黒」のフィルタを選択しておくのがオススメ。また、リングタイプのノートの誌面をスキャンするときには、一回り広い範囲が認識されてしまうので、手動でスキャン範囲をトリミングして整えるとよいでしょう。

▲スキャン画面でフィルタのアイコンをタップして選択。オススメは「白黒」だ(左)。撮影後にスキャンする範囲が表示される。角を調整して、「スキャンを保持」を選択すると、画像が一時的に保存される(右)


▲「スキャンを保持」をタップした後の画面。次のスキャンをするには再度シャッターアイコンをタップ(左)。スキャン画像の確認をするにはサムネイルをタップ(右)

▲一時保存している画像が表示される。ここでも「トリミング」「フィルタ」「回転」「消去」などの編集が可能。問題なければ「完了」をタップしよう(左)。一時保存しているデータを保存するには「保存」をタップ。数字は保存する画像の枚数だ(右)

スキャンしたデータをPDFに出力する


スキャン画面で保存したデータは、メモ上に表示されます。複数ページがある場合は、左右のスワイプで切り替え可能です。これをPDFとして出力するには、共有から「PDFを作成」というアクションを選択します。

▲スキャンデータが表示されたメモ画面。PDFに出力するには「共有」アイコンをタップする(左)。下部の欄を左へスワイプして「PDFを作成」をタップする(右)

▲PDFのプレビューが表示される。右上のペンのアイコンをタップするとマークアップで書き込みも可能だ。問題なけらば「完了」をタップ(左)。表示された保存場所を選択して「追加」をタップ。ここではDropboxを選択した(右)

▲Windowsのパソコン上でPDFを確認できた

※本記事内の手順は、iOS 11.4のiPhone Xで検証しています。