ZOZO、自動採寸で「靴」「ブラジャー」販売へ

開発担当者の募集も開始

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年07月31日, 午前 09:15 in fashion
0シェア
FacebookTwitter


ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作社長は、プライベートブランド「ZOZO」で靴と女性用下着(ブラジャー)を開発すると明かしました。

前澤社長はTwitter上で『ZOZOSUITと同様、靴やバスト周りも自宅でサイズ計測できそうです』と語り、自動採寸による開発方針を明らかに。

また『靴とブラはサイズが合わなくて悩んでるお客様がたくさんがいます。経験者や専門家の皆様、靴作りとブラ作りで革命を起こしましょう』とも述べ、開発担当者の募集も開始しています。

ZOZOTOWNといえば、完全オーダーメイドのメンズスーツを2万円台で売り出したことで大きな話題に。秋冬には自動採寸によるオーダーメイドのニットの販売も想定するなど、自動採寸による服のラインナップは今後も増える見通しです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: fashion, zozo, zozosuit, zozotown
0シェア
FacebookTwitter