子連れ夏旅、水辺に行くならAnkerの防水スマホケースが大活躍!:ワーママのガジェット育児日記

小沢あや
小沢あや
2018年08月2日, 午前 09:30 in apple
0シェア
FacebookTwitter


平成最後の夏は猛暑! 子連れでビーチリゾートに行く予定を立てる人も多いのでは? 我が家も先日、沖縄へ行ってきました。ということで今回の「ワーママのガジェット育児日記」連載は、海やプールで活躍するアクセサリーをご紹介します。

ビーチリゾートやプールにはAnkerの完全防水ケースがおすすめ

わたしは、iPhone Xを愛用しています。防水機能がついていますが、海水やプールはNG。高価な端末を壊してしまったら泣くので、完全防水ケースを購入しました。海によろこぶ我が子の笑顔、きっちり写真に残したいじゃないですか......!

そんなわけで、選んだのはAnkerの完全防水ケース「Anker Waterproof Case」です。Amazon.co.jpで買えば、1000円程度。やや大きめで、PlusサイズのiPhoneにもばっちり対応しています。



出し入れも簡単、首から下げられるので、陸でも行方不明にならず良かったです。当然ながら、ビニールの部分は日焼け止めを塗った手で触ると曇ってしまいます。そのせいか、ケースに入れた状態で写真を撮ると、ややモヤがかってしまいましたが、許容範囲内です。



シュノーケリングや浅い場所でのダイビングでも撮影できる! ただ、コツも必要

水中でもカメラで撮影は行えますが、水圧の関係でタッチパネルの操作が一切できません! そのため、潜る前に動画撮影モードを起動し、録画しっぱなしで水中に入るのがベターです。やや画像は荒くなってしまいますが、動画を切り出せばいい感じに夏の思い出がのこりますよ。



夏はスマホの熱暴走に注意! 大切な写真は都度バックアップを

iPhone Xの場合、0〜35°C環境温度での使用が推奨されています。つまり、最近の猛暑だとNGなんですね......。直射日光の下、置き去りしないように注意が必要です。ちなみに、iPhoneは高温にさらされた場合、温度計マークが出ます。しばらく操作ができなくなるので、ご注意を。

そして、旅先ではスマホ紛失のリスクもありますので、念のため、大切な写真は都度バックアップしておきましょう。家族間でGoogleフォトなどに共有アルバムをつくっておくと、後で眺めるのが楽しいですよ。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, Gadgets, iphone, iphoneX, photo, photos, smartphone, smartphones, workingmother
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents