アウディ、EVスーパーカーPB 18 e-tronコンセプトを8月23日に発表

ル・マンで優勝マシンR18 e-tronからインスパイアされています

Honyaku KanaiTetsuo
Honyaku KanaiTetsuo
2018年08月1日, 午後 07:50 in Transportation
0シェア
FacebookTwitter


[Engadget US版より(原文へ)]

アウディ初となるオールエレクトリックカー「2019 e-tron」はまだ世界デビューを果たすに至っていません。しかし早くも次の冒険的コンセプトをチラ見せしはじめています。アウディは「電動スーパーカー・コンセプト」を標榜するPB 18 e-tronは、8月26日にカリフォルニア州で開催される、自動車の文化を深めデザインの美しさを評価するイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で公開されます。アウディによると、この車の主要な技術は、ル・マン24時間耐久レース優勝マシン「R18 e-tron」で培われた技術を採用して開発されています。上のティーザー画像でもわかるとおり、PB 18は低い車高に大きく張り出したホイールハウスを持ち、リアにはスポイラーがそびえ、そしてシャープなヘッドライトが前方を見据えます。

それらはすべて見るからに典型的なスーパーカーのスタイリングを形作ります。しかし、そのカウルの下にいったい何が隠されているのかは、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスに先立ち8月23日に行われる、ラグナ・セカでの初公開イベントまで待たなければなりません。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Rachel England

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: audi, concept, e-tron, EV, le mans, PB18, Pebble Beach, pebble beach concours delegance, supercar, Transportation
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents