Fossil、BMWブランドのスマートウォッチを2019年販売へ

5年間の契約です

Honyaku Tsukamotonaoki
Honyaku Tsukamotonaoki, @tsukamoto_naoki
2018年08月1日, 午後 02:00 in Wearables
0シェア
FacebookTwitter
A logo of the German luxury carmaker BMW is seen during the company's annual news conference in Munich, Germany, March 21, 2018.   REUTERS/Michael Dalder

[Engadget US版より(原文へ)]

BMWがスマートウォッチビジネスに参入しますが、自社で製品を開発するわけではありません。そのかわり、誰しもの趣向にあうスマートウォッチを提供するという終わりない探求の一部として、Fossilが5年契約のもとでBMWブランドの腕時計とスマートウォッチを製造します。

BMWブランドのスマートウォッチは2019年から投入され、BMWのディーラーやFossil製品の販売店で入手できます。なお自動車メーカーによるスマートウォッチ市場への参入は目新しいものではなく、フェラーリやアストンマーチン、アウディも自社ブランドのスマートウォッチを投入しています。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Kris Holt

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: bmw, Fossil, Mobile, smartwatch, Wearables
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents