7インチのミドル級スマホHonor Note 10をファーウェイが発表。スマホと呼べるか考えるほどの大きさに

お家なら最高

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年08月2日, 午後 02:45 in huawei
0シェア
FacebookTwitter

中国ファーウェイが、サブブランドであるHonorシリーズの新モデルとして「Honor Note 10」を発表しました。7インチ(正確には6.95インチ)ディスプレイを搭載したファブレット......もといスマートフォンで、ミッドレンジ市場向けの製品となっています。

Honor Note 10のディスプレイは、解像度2220×1080ドットで、大きさは前述のように6.95インチの有機ELパネルを搭載。HDR10対応やNTSC色範囲115%を実現しており、画質に力を入れていることがわかります。本体は狭額ベゼルデザインとなっており、ノッチが存在しないのも好印象です。採用OSはAndroid 8.1 Oreoで、5000mAhのバッテリーを搭載しています。


また興味深いことに、液冷システムを内部に搭載しており、コンポーネントの温度を10℃も低く保てる点をアピールします。同機種は本体底面のボタンから起動できる「CPUターボ」と「GPUターボ」をあわせた「ダブルターボモード」といったブースト機能を備えますが、これらを利用したときにも、本体を効率的に冷却してくれるそう。

搭載プロセッサはファーウェイ独自開発のKirin 970で、RAMは6GB/8GBに内蔵ストレージは64GB/128GB。デュアルSIMスロットを搭載し、外部ストレージとしてmicroSDカードにも対応しています。背面デュアルカメラは2400万画素+1600万画素で、前面カメラは1300万画素。AI(人工知能)による撮影支援機能も搭載しています。

Honor Note 10は6GB/64GBモデルが2799元(約4万6000円)、6GB/128GBモデルは3199元(約5万2000円)、8GB/128GBモデルは3599元(約5万9000円)にて、中国で予約を開始中。製品出荷は8月1日となります。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: honor, honornote, honornote10, huawei, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents