NTTドコモが夏モデルとして発表していた8インチタブレット「dtab Compact d-02K」を8月10日に発売すると発表しました。


dtab Compact d-02KはHUAWEI製の8インチタブレット。ハイエンド端末だった前モデル(d-01J)とは違い、ミドルクラス端末ですが、IP65/67相当の防水防塵に対応するのが特徴です。



また、タブレットでありながら、背面には1300万画素+200万画素のダブルレンスカメラを搭載。HUAWEI製スマートフォンと同様に撮影後にボケ味の調整なども可能になっています。ディスプレイが8インチ 1920×1200ドットと広いだけに写真の確認や編集にも便利に使えそうです。

その他の仕様は、プロセッサはHUAWEI P20 Liteと同じ「Kirin 659」を搭載。RAMは3GBで、ストレージは32GB。外部ストレージは256GBまでのmicroSDXCに対応します。バッテリー容量は4980mAh。なお、フルセグ・ワンセグには非対応となります。

SIMは前モデル同様にnanoSIM型のeSIMカードを採用。LTE通信は受信側262.5Mbps、送信側50MbpsのPremium 4Gに対応します。

新規契約一括での価格は4万5360円。月々サポートは2484円x24回(総額5万9616円)で実質負担額は0円になっています。