BOSE、QuietComfort 35 IIをAlexa対応に。Googleアシスタントから切り替え音声操作

発売1年後のビッグアップデート

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年08月8日, 午後 12:55
0シェア
FacebookTwitter
BOSEが、BluetoothヘッドホンQuietComfort 35 IIをAmazon Alexaに対応させたと発表しました。QC35 IIは2017年9月の発売当初からGoogle Assistantに対応しており、1年を経て新しい音声AIアシスタントが選択可能となりました。

Alexaを利用するには、まず専用のBose ConnectアプリでQC35 IIのファームウェアを更新しなければなりません。更新が済んだら、アプリからオプション設定のタブを見ればAlexaが選択できるようになります。

そして、AlexaアプリとQC35 IIを紐付ければ左側イヤーカップの後ろにあるアクションボタンを押してAlexaを選択し、Google Assistantのときと同様にAlexaを呼び出せるようになります。

なお、アクションボタンではGoogle Assistant、Amazon Alexa、そしてノイズキャンセルの設定(HIGH/LOW)をそれぞれ選択するようになっています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter