Galaxy Note9 動画レビュー。Sペンリモコンをブサイク自撮り王が解説、冷却強化でゲーム向き (日本語字幕)

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2018年08月10日, 午前 07:11 in galaxy
0シェア
FacebookTwitter


サムスンが発表したペン対応スマホ最新モデル、Galaxy Note9 の海外ハンズオン動画をお伝えします。



評者は本家英語版 Engadgetのモバイル番長、自称「ブサイク自撮り王者」ことChris V。

歴代最大の6.4インチ画面と4000mAh大容量バッテリー、上位版は8GB RAM、内蔵512GBプラスmicroSD 512GBで最大1TBストレージなどいつにも増してスペック番長ですが、シリーズ初のBluetooth対応でリモコンにもなるSペンが高評価です。
%Vidible-5b6c79069b74b642b510758b%







従来比3倍サイズのヒートスプレッダや「ウォーターカーボン冷却システム」による放熱対策や、オンデバイスのAIによる最適化など、同じプロセッサでもさらに高性能を発揮できるとうたう点も特徴。

高性能と熱対策が威力を発揮する使い方として、大人気ゲーム『フォートナイト』のAndroid版はGalaxyユーザー先行で体験できます。

従来のGalaxy Noteシリーズは手書きが必要なプロフェッショナルやビジネスパーソン向けをアピールしてきましたが、Note9からは高性能でゲーミングスマホ的な用途もプッシュするのが新しい点です。


詳細なテキストレビューはこちらをどうぞ
Galaxy Note9 実機を隅々チェック!リモコン機能にDeX内蔵 スペック番長極まれり


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: galaxy, galaxy note, galaxy note9, galaxynote, samsung
0シェア
FacebookTwitter