おもなできごと
・2002年8月12日、PFUが小型キーボード「Happy Hacking Keyboard Lite2」に黒モデルを追加
・2011年8月12日、レノボが11.6型液晶を採用したXシリーズエントリーモデル「ThinkPad X121e」を発売
・2011年8月12日、ロジクールが8ボタン搭載で最大3600dpiのマウス「G400」を発売
・2014年8月12日、DeNAが9800円からの個人向けDNA検査サービス「MYCODE」を提供開始
・2016年8月12日、ASUSがアクションカムとしても使えるドライブレコーダー「RECO Sync」を発売8月12日は「航空安全の日」。1985年のこの日、日本航空123便が群馬県の御巣鷹山に墜落し、乗員乗客合わせて520人もの犠牲者が出てしまいました。生存者はたったの4人。単独機としては、史上最悪となる航空事故です。

過去のできごとで気になったのは、レノボの「ThinkPad X121e」発売(2011年)。価格を抑えたモバイル機で、ThinkPadとしては珍しく角に丸みを帯びたデザインとなっています。液晶は11.6インチ(1366×768ドット)、CPUはCore i3-2357M、メモリー2GB、HDD 320GBというのが量販店モデルで、10万円を切る価格が魅力でした。モバイル機といっても、重量は約1.55kgと重めでしたけどね......。直販ではCPUにAMD Fusion E-350やC-50などが選べたため、AMD派の人にも注目な1台でした。ただし、性能は微妙でしたが。

もうひとつ気になったのは、ASUSの「RECO Sync」発売(2016年)。1080p@30fps撮影に対応し、ドライブレコーダーとしてだけでなく、アクションカムとしても利用可能という製品です。アタッチメント不要で58mm径のフィルターが装着できたり、三脚用のネジ穴が用意されていたりと、一般的なドライブレコーダーにはない機能が備わっていました。ドライブレコーダーとアクションカムは求められる性能が似ていることもあり、こういった使い方を前提としているのは面白いですね。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

キック感と爆煙がスゴいプルーム・テック互換バッテリー「シナモンキック」の実力:電脳オルタナティヴ


加熱式タバコ「シナモンキック」の話題です。

煙と臭いが少ないタバコとして定着してきた加熱式タバコ。このシナモンキックはプルーム・テックのたばこカプセルが喫煙できるという互換品で、キック感と煙がパワーアップしているとのこと。実際、どのくらい煙......というか蒸気が変わるのかまで実験しています。同じカプセルなのに感じ方が変わるものなのですね。