1991年の今日、「エヌ・ティ・ティ・移動通信企画株式会社」(現:NTTドコモ)が設立されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年08月14日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter
8月14日は「専売特許の日」。1885年のこの日、日本で最初の専売特許が公布されました。特許第1号は、彫刻家・漆工芸家として知られた堀田瑞松により出願された「堀田式錆止塗料とその塗法」だそうです。過去のできごとで気になったのは、「エヌ・ティ・ティ・移動通信企画(株)」(現:NTTドコモ)設立(1991年)。政府による「移動体通信業務の分離」という方針を踏まえ、日本電信電話(NTT)が出資して設立されたのが始まりです。翌年に「エヌ・ティ・ティ移動通信網(株)」へと商号を変更し、NTTから移動通信事業を譲受。1993年3月から携帯・自動車電話デジタルサービス(800MHz)を開始しました。ちなみにその後の商号は、2000年の4月に「(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ」、2013年の10月に「(株)NTTドコモ」へと変更されています。

※お盆休みで製品やサービスの発売、発表のニュースが少ないため、過去の今日から気になる記事を紹介します。

現金よさらば! フリマで感じたビットコイン時代到来の予感:旅人目線のデジタルレポ 中山智


2017年の記事から。

中国のQRコードを使った決済システム、「WeChat Pay」をフリーマーケットの支払いに使っているのを見て、お互いがお金として認識しているのであれば、決済が日本円でなくていいと気づいたという記事です。その価値を担保しているのが誰か(これが重要ではありますが)という点を気にしないなら、海外通貨でも仮想通貨でもいいですよね。個人間の送金手数料が両替手数料よりも安ければ、お互い得になりますし。

火でお湯を沸かしながらUSB給電できる発電ヤカンKettleCharge。熱に強いLiFePO4バッテリー内蔵


2014年の記事から。

火と水の温度差を利用し、発電してしまおうというのが「KettleCharge」。水を入れて火にかけるだけでお湯と電気が手に入るというユニークな商品です。バッテリーには熱に強いリン酸鉄リチウムイオン電池を採用し、モバイルバッテリーとしても使えるというのが便利ですね。活躍の場は......アウトドアか防災グッズくらいしか思いつきませんが、気になる存在です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: bitcoin, kettlecharge, NttDocomo, today, wechat pay
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents