2017年の今日、通話も可能なソフトバンク回線のiPhone用格安SIM「b-mobile S スマホ電話SIM」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年08月16日, 午前 05:30 in today
0シェア

おもなできごと
・2013年8月16日、アップルが他社製の「USB電源アダプタ回収プログラム」を開始
・2013年8月16日、ドコモがシニア向け端末「らくらくスマートフォン2」を発売
・2013年8月16日、ASUSが10インチAndroidタブレット「MeMO Pad FHD10」を発売
・2017年8月16日、日本通信がソフトバンク回線を使った音声通話可能なiPhone用格安SIM「b-mobile S スマホ電話SIM」を発売8月16日は「電子コミックの日」。NTTソルマーレ株式会社が電子コミックサイト「コミックシーモア」の10周年を記念し、2014年に制定しました。

過去のできごとで気になったのは、日本通信の「b-mobile S スマホ電話SIM」発売(2017年)。ソフトバンク回線を使ったデータSIMの提供は2017年の春から始まりましたが、これに続き、ついに音声通話に対応したSIMが登場しました。MVNOによる格安SIMの多くはドコモ回線となるため、SIMロックを解除しなければソフトバンクのiPhoneで利用できない状況でしたが、このSIMの登場により、SIMロックを解除しなくても音声通話まで使えるようになりました。ロックが解除できないiPhone 6以前のモデルを使いたいという人にも朗報ですね。

もうひとつ気になったのは、アップルの「USB電源アダプタ回収プログラム」開始(2013年)。中国で発生した偽造品や他社製USB電源を使った感電事故を受け、アップルが取った措置が、他社製のUSB電源アダプターを持ち込むとiPhone・iPad・iPod用の電源アダプターを1000円で購入できるようにする、というものです。デバイス1台につき1つ限定ですが、格安に純正品が手に入るとあって利用した人も多いのではないでしょうか。最近は質のいい電源も安く手に入るようになってきているので、むしろ、純正品を使う人の方が少なそうです。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

新しいコンビニの形? 米アマゾン、注文して2分以内に受け取り可能な「Instant Pickup」を開始

注文した品を2分以内に受け取れるという、米Amazonの話題です。

米Amazonの荷物受け渡しサービスは色々登場していますが、その究極ともいえるものがこれ。家まで届けてくれるわけではないですが、指定のピックアップ場所で商品を受け取るまでにかかる時間が、注文からたったの2分というサービスです。自分で品を選んでかごに入れて持っていくよりも、よっぽど早いですよね。もちろん商品は限られてしまいますが、スナックや飲み物などが対象となっているので、ある意味、自動販売機の究極の形かもしれません。大きな駅や空港などの深夜販売用にあると便利そうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: apple, NihonTsushin, sim unlock, softbank, today
0シェア