au INFOBARの新モデル「xv」、予約は9月4日から

初代モデルのデザインをベースに洗練

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年08月20日, 午後 03:02 in mobile
0シェア

auは、デザインケータイ「INFOBAR」シリーズの新モデル「INFOBAR xv」の予約受付を9月4日午前10時より開始します。発売は秋を予定します。

「INFOBAR xv」は、2015年以来、約3年ぶりとなるINFOBARの新モデルです。デザインは初代INFOBARと同様にプロダクトデザイナーの深沢直人氏が担当しています。一見すると初代や2代目に似ていますが、デザインは今風に洗練。物理ボタンが側面エッジの際までせり出した「フレームレステンキー」など、精密なデザインを実現しています。

なお、INFOBARの前モデルと異なり、スマートフォンではなくフィーチャーフォンという扱い。ただ内部にはAndroid OSを搭載し、「LINE」や3キャリア共通のメッセージアプリ「+メッセージ」も利用できます。なおタッチパネルは搭載せず、Google Playから好きなAndroidアプリをダウンロードすることもできません。あくまでも使い勝手はフィーチャーフォンとなります。


主な仕様は、3.1インチ WVGA液晶ディスプレイ、800万画素カメラ、最大32GBまでのmicroSDHC外部ストレージなど。ワンセグや防水防塵、赤外線やおサイフケータイには非対応です。本体サイズは48 x 138 x 14.0mm。

東京・京都・名古屋でファンミーティングを開催

「INFOBAR xv」の予約日発表をうけ、8月21日から9月13日までの間、KDDI直営店のau SHINJUKU、au KYOTO、au NAGOYAを巡回し、INFOBAR xvの展示およびファンミーティングを実施するとのこと。店内の展示スペースでは、展示のINFOBAR xvに触れることも可能です。

また、10月31日から11月12日まで「新・ケータイ INFOBAR展」を東京ミッドタウンのSIGHTギャラリー3で実施。発売前のINFOBAR xvの実機に触れられるほか、歴代のINFOBARの展示も予定します。




 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: android, au, Gadgets, infobarxv, kddi, kddi au, mobile, smartphone
0シェア

Sponsored Contents