新GPU RTX 2080はGTX 1080より最高で2倍高速、NVIDIAが語る

ただし、常にというわけではありませんが

Honyaku Tsukamotonaoki
Honyaku Tsukamotonaoki, @tsukamoto_naoki
2018年08月26日, 午後 12:00 in nvidia
0シェア
FacebookTwitter

[Engadget US版より(原文へ)]

NVIDIAが新たに発表したGPUである「RTX 20シリーズ」が実にパワフルなのは明らかですが、一方で発表時は前モデルとの具体的な性能差が提示されておらず、わかりにくかったのも事実です。しかしGamescomのプレス・ブリーフィングにて、同社は「RTX 2080はGTX 1080に比べ、新機能のDLSS(ディープ・ラーニング・スーパーサンプリング)使用時で最大2倍高速だ」と明かしたのです。
このDLSSは、Turingアーキテクチャで新しく搭載されたTensorコアによる、AI(人工知能)を利用したレンダリング手法。GPUへの負荷を小さく留めつつ、3Dオプジェクトのエッジをスムーズに描写する方法です。



このDLSSはアプリ側の対応が必要となる機能のため、実際にRTXがこれだけの高い性能が発揮できるかは、ゲームタイトルなどの開発者がDLSSを実装するかどうか次第です。しかし既に「ファイナルファンタジーXV」や「PUBG」、そして近日リリース予定の「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー」などのメジャーなタイトルでDLSSが利用可能です。

またNVIDIAによれば、DLSSをオフにした状態でも、これらのゲームにおいてRTX 2080はGTX 1080の1.5倍ほどのパフォーマンスを発揮します。

実際のゲームパフォーマンスではDLSSを利用することで、いよいよ4K/HDRかつ60fps以上でのゲームプレイが現実的になる点がポイントです。代表的なゲームタイトルでは、例えばCall of Duty: WWIIは超高解像度にて93fpsを、そしてバトルフィールド1では84fpsを達成しています。
つまり多くのゲームで、RTX 2080(と、よりパワフルなRTX 2080 Ti)は間違いのない選択肢なのです。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Devindra Hardawar

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: gamescom, gamescom2018, geforce, GeForce RTX, GeForcertx, gpu, GraphicsCard, nvidia, RTX, videocard, videocards
0シェア
FacebookTwitter