ニコンが8月23日に発表したフルサイズミラーレス「Z6・Z7」。

画素数などに大きな差がある一方で、外観はそっくりで見分けが付きません。

実は寸法を含めて筐体デザインは全く同じ。ではどう見分けるかというと、本体正面から見て右下にあるロゴマークに注目してください。「Z7」「Z6」とありますよね。


▲ニコン Z7


▲ニコンZ6

なお、両モデルの主な仕様は下記の通りです。

Z7は有効4575万画素の高解像度モデルで、常用感度はISO64~25600(拡張設定でISO102400まで設定可能)、連続撮影速度は約9コマ/秒、AF測距点数は493点。

Z6は、有効画素数は2450万画素、常用感度はISO100~51200(拡張設定でISO204800まで設定可能)。連続撮影速度は約12コマ/秒、AF測距点数は273点。

2モデルともに防塵防滴仕様。外形寸法は約134×100.5×67.5mmで、重量も約675gと共通です。発売時期と店頭予想価格は「Z7」が9月下旬、税込44万円前後。「Z6」が11月下旬、税込27万円前後となっています。