ファーウェイとZTE、オーストラリアにて5G技術提供から排除へ

当局はセキュリティ上の懸念を表明

Honyaku Tsukamotonaoki
Honyaku Tsukamotonaoki, @tsukamoto_naoki
2018年08月27日, 午後 01:30 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
People walk past a sign board of Huawei at CES (Consumer Electronics Show) Asia 2018 in Shanghai, China June 14, 2018. REUTERS/Aly Song

[Engadget US版より(原文へ)]

オーストラリアはファーウェイやZTEとは距離を置き、アメリカで下されたものよりずっと影響の大きな規制をファーウェイとZTEに課します。フィナンシャル・タイムズロイターによれば、同国は安全保障上の懸念を理由に、両社が地元携帯キャリアに5G技術機器を提供するのを禁止したのです。

ファーウェイはこの動きを認知しているとTwitterアカウントにて発言しており、また同時に(オーストラリアにて)約15年間も安全かつセキュアな通信技術を提供してきたとも表明しています。
フィナンシャル・タイムズによれば、オーストラリアはファーウェイやZTEによる地元キャリアへの技術提供を明確に排除した初めての国となります。アメリカ政府による規制は人員やエージェンシー、契約を対象としたものでした。またオーストラリア政府は以下のような声明を出しています。

オーストラリアの法律に反する海外政府からの違法な指示の対象となりうるベンダーの関与は、キャリアが不正アクセスや干渉から5Gネットワークを適切に保護できなくなる可能性がある。


中国の法律では、企業や組織は要求されれば政府に協力する必要があります。そしてオーストラリアは明らかに、中国企業がスパイ目的のためにオーストラリアの5Gネットワ​​ークに進出し、脆弱化させる可能性を懸念しているのです。政府当局はロイターに対し、この禁止措置は特にファーウェイを対象としたもので、それは同社がオーストラリアに対し5G開発の監督や基地局、設備を含むネットワーク機器の供給に関する提案をすでに送っていたためだと思われます。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Mariella Moon
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 5g, huawei, mobile, security, zte
0シェア
FacebookTwitter