Galaxy Note9の徹底分解レポ登場。修理容易度は4/10と標準的

よりモジュール化が進行しているそう

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年08月28日, 午後 06:30 in smartphone
0シェア
FacebookTwitter


海外にて販売が開始された韓国サムスンの新型スマートフォン「Galaxy Note9」を、修理業者のiFixitが早速分解してレポートしています。修理難易度は前モデルから変わりませんが、よりモジュール化が進んでいるとのこと。

「Galaxy Note8」との比較でディスプレイサイズが0.1インチ大きくなり、バッテリー容量が3300mAhから4000mAhへと大容量化したGalaxy Note9。バッテリーパーツは接着剤によって強力に固定されているものの、取り外しも可能なことが判明しています。




USB Type-Cポートはマイク部品と一緒にモジュール化されており、取り外しが可能。またチップ類を冷却するためのヒートパイプも、より表面側に存在しています。

iFixitによれば、Galaxy Note9の内部構造は前モデルから大きく変化していません。そのせいか、修理難易度もGalaxy Note8から変わらず「4/10」をマーク。接着剤を分離するヒートガンなど、必要な道具があれば分解できなくもない......といった感じです。

一方ライバルとなる「iPhone X」の修理難易度は6/10をマークしており、Galaxy Noteシリーズよりも分解修理を想定した構造といえそうです。個人でここまでスマートフォンを徹底的に分解する機会はあまりないと思いますが、好奇心あふれるガジェットマニアの方には、iFixitの分解レポートは非常に参考になるはずです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, disintegrate, galaxy note, ifixit, Samsung, smartphone
0シェア
FacebookTwitter