ARCHOSがスマートディスプレイ風なスマートホーム端末、ARCHOS Helloシリーズを発表

Androidタブレット+専用スタンド的な製品

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年08月31日, 午前 10:50 in gadgetry
0シェア
FacebookTwitter

フランスの家電メーカーARCHOSが、一見するとスマートディスプレイのようにも見えるAI対応スマートホームデバイス、ARCHOS Helloシリーズを発表しました。画面サイズ別にHello 5 / 7 / 10の3種類。

Googleは1月のCES 2018で画面が付いたスマートスピーカー、スマートディスプレイを発表済み。すでにLenovoから発売されています。


ARCHOS Helloもスマートディスプレイ製品のように見えますが、OSにAndroid Thingsを採用するスマートディスプレイとは違い、Android 8.1 Oreoを搭載しています。ようするに、専用スタンドにAndroidタブレットを埋め込んだような製品です。



スマートディスプレイが発表された際、タブレットでいいのでは?との意見も確かにありましたが、それをメーカーが具現化するとは思いませんでした。

これに近い考え方のものとしては、AmazonのFireタブレットを画面付きAlexaデバイスにするShowモードがあります。ただ、ARCHOS Helloはタブレット部分を取り外したりはできません。


各製品にはマイクとカメラが搭載されていますが、プライバシーに配慮しオフにもできます。これはソフト的にではなく、物理的にオフにできるスイッチを搭載します。

また、音声操作のため、Googleアシスタントと統合されたARCHOS Hello Connectを搭載。Googleアシスタントだけでも用は足りるはずですが、現在、AndroidタブレットではハンズフリーでのGoogleアシスタント利用ができないため、これを回避する目的と考えられます。

各種スマートホームデバイスの操作はもちろん、動画の再生やビデオチャットなどにも対応。OSがAndroidそのものため、アプリの追加も可能です。

主な仕様としては、ディスプレイサイズはHello 5が5インチ 1280 x720、Hello 7が7インチ 1280 x 800、Hello 10は10インチ 1280 x 800。プロセッサはHello 5はQuad Core 1.2GHz、Hello 7/10はQuad Core 1.3GHz。RAMとストレージは2GB + 16GBで共通。それぞれ128GBまでのmicroSDに対応します。

バッテリー容量はHello 5と7が3000mAh、10が6000mAh。なお、Hello 5のみ上部がQiの充電台になっており、スマートフォンの充電が可能です。

価格は129ユーロ(約1万7000円)、149ユーロ(約1万9000円)、199ユーロ(約2万6000円)で9月に欧州で発売予定です。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: archos, archoshello, gadgetry, Gadgets, ifa2018, IOT, smartdisplay, SmartHome
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents