BlackBerry KEY2 LE発表。KEY2から仕様と価格を落とした廉価版

LEはLite Edition?

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年08月31日, 午後 03:00 in ifa2018
0シェア
FacebookTwitter

ドイツで開催されているIFA 2018より。BlackBerry KEY2が6月に発表されたばかりですが、BlackBerry Mobileがその廉価版となるBlackBerry KEY2 LEを発表しました。

外観はKEY2ほぼそのまま。筐体はポリカーボネイトに変更となり、Slate(青っぽい黒)、Champagne(金色)、Atomic(赤)の3色展開となります。
仕様面では、ディスプレイサイズは4.5インチ 1620 x 1080でオリジナルのKEY2と同じ。ただ、SoCはSnapdragon 636、RAM4GBと若干スペックダウンしています。その他、背面カメラはデュアルで変わりませんが、13MP+5MPに変更。バッテリー容量も3000mAhとなっています。

BlackBerryらしさを感じるキーボード部分は、米EngadgetによるとKEY2から若干小さくなっているものの、KEYoneよりは大きいとのこと。なお、タッチセンサーは省かれており、キーボード上をタッチパッドのように使うことは出来なくなっています。



また、廉価版ではあるのですが、KEY2にもないDual accounts機能が追加されているのも特徴です。これはInstagramやFacebook Messengerなど、通常は1つのアカウントしか使えないアプリを、個人用と仕事用など2つのアカウントで利用可能にするもの。現状ではこの2つに加え、WhatsApp、WeChatの計4つのアプリに対応しています。

なお、後者の2つはアカウントが電話番号に紐づくため、Dual SIMでないと利用できないとのこと。ただしこの機能に関しては、おそらくは今後のアップデートでKEY2にも追加されるものと考えられます。

価格は32GBモデルが399ドル(約4万4000円)、64GBが449ドル(約5万円)で、9月に発売されます。なお、執筆時点(31日11時)では日本での発売は不明です。

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: blackberry, gadgetry, gadgets, gear, ifa2018, key2, key2le, mobile
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents