MacBook Pro 15に勝てるワケ──ThinkPad X1 Extremeのキーマン、ケビン氏に聞く

保守性が鍵

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年08月31日, 午後 09:05 in ifa2018
0シェア
FacebookTwitter

ドイツ・ベルリンで開催中のIFA 2018より。レノボが発表した「ThinkPad X1 Extreme」は、最上位構成でCore i9・GTX 1050 Ti・15.6型4K液晶を備える高性能ノートPCです。

本誌ではレノボの招待を受け、本機の優位性やレノボ新製品の特徴について、ThinkPadシリーズのキーパーソンである、ワールドワイド・コンペティティブ・アナリストのケビン・ベック氏に伺いました。▲レノボのThinkPad X1 Extremeは、X1シリーズ初の15インチ台液晶を搭載する


──今回のThinkPad X1 Extremeは、開発にあたりMacBook Pro 15"を意識したのでしょうか。その場合、MacBook Pro 15"に対する優位点を教えてください。

ケビン氏:もちろん意識しています。MacBook Proだけでなく、DELLやHPの15インチクラスのワークステーションも念頭に置いて開発しました。競合製品の強い点と弱い点を分析し、そのなかでバランスを追求しています。

MacBookと比べた優位点としては保守性があります。ThinkPadという名前を冠するには、ある程度ビジネス面の要求を満たさなければなりません。MacBookだと故障したら修理するのは簡単ではありませんが、ThinkPad X1 Extremeなら裏側の7つのネジを外すだけで、SSDやメモリ、バッテリー、キーボードまで簡単に交換できます。普通、企業がこのクラスのノートPCを買うと、3〜4年は使うつもりで買います。その点で、保守性は非常に大切なのです。

また、ディスプレイも高品質なものを搭載しています。上位モデルは4K解像度でAdobe RGBを100%カバーするほか、ドルビービジョンにも対応。対応コンテンツであれば1フレームごとに一番明るいピクセルと暗いピクセルを識別し、明るいシーンはより明るく、暗いシーンはより暗い、高コントラストな映像体験が可能です。

▲ThinkPad X1 Extremeの15.6型4KディスプレイはAdobe RGB 100%カバーの鮮やかさと、ドルビービジョン対応によるダイナミックレンジの広さを両立

──ThinkPad X1 ExtremeはUSB PDに非対応となっていますが、それはなぜですか?

ケビン氏:単純に電力オーバーによるものです。USB PDはUSB-IFという標準化団体が定義しています。そこで定められた給電の上限は100Wですが、ThinkPad X1 Extremeは130Wが必要なのです。そのため独自の充電規格を採用しています。

──OLED(有機EL)についてはどうでしょう。レノボは以前OLEDを搭載したThinkPad X1 Yogaを発売していましたが、後継の予定はあるのでしょうか。

ケビン氏:
OLEDの優位性はもちろん認識しています。漆黒を表現できるのはすごいです。ただ、OLEDの弱みはバッテリーライフです。2017年に発売したX1 Yogaは、液晶とOLEDモデルでバッテリーが2時間違いました。テレビのように常時電源に繋がっている製品ならいいのですが、ラップトップはそういうわけにもいきません。

──ThinkPad X1 Extreme以外の新製品では、新YOGA BOOKのE Inkキーボードに驚きました。初代のYOGA BOOKよりも打ちやすくなったと感じますが、どのような改善が図られたのでしょうか?

ケビン氏:
構造を完全に刷新しました。2年前のYOGA BOOKのキーボードは、平らな見た目ではありますが、キーとキーの間にバックライトがあって、キーごとに独立した構造になっていました。しかし今回はE Inkですので、キーボードの配列(USやJISなど)は37種類から選んで自由に書き換えられます。


▲新YOGABOOKはキートップがE Inkディスプレイとなっている

また、振動フィードバックだけではなく、E Inkのアニメーションによって、視覚的に「キーを押した」というフィードバックも得られるようになりました。

──キーの配列をソフトウェア的に書き換えられると、在庫管理も楽になりますね

ケビン:本当にそうです。みな大喜びしていましたよ。

──ありがとうございました。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ifa2018, laptop, lenovo, thinkpad
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents