中国Xiaomiの社長 Lin Bin氏が、「10月にリリースする」という端末の画像を中国のSNS、Weiboで公開しました。機種名こそ触れられていませんが、以前に画像が流出していたベゼルレス端末「Mi MIX3」と考えて良さそうです。

残念ながら現状では、この画像以外に具体的な仕様に関するヒントはありませんが、画像だけからでもわかることがあります。

以前の画像では、前面ベゼルレスになっておりフロントカメラはどこにあるのかわかりませんでしたが、その答えはスライド式でした。OPPOのFind Xのようにカメラ部がせり出してくる構造ではなく、ディスプレイ全体を下にスライドすることでフロントカメラが現れるという仕組みです。

こうしたスライド構造は往年のガラケーやNokia端末ではよく見かけたもの。なお、おそらくは電動ではなくでの手動スライドだと考えられます。

なお、こちらも正式に発表されていない端末ですが、HUAWEIのサブブランドhonorも、スライド構造をもつであろう「honor Magic 2」のティザーをWeiboで公開しています。



こちらはIFAで次世代チップKirin 980のプレゼンテーションを行った際、それを搭載する端末としてチラ見せを行っていたもの。

両ブランドのライバル関係を考えるに、Xiaomiの画像公開はhonorを牽制するため、というのは考え過ぎでしょうか。

どちらの端末もスライド機構がある分、厚み的には不利になりそうですが、ノッチのないベゼルレスを追求する上での一つの回答となり得るスタイルです。

Essential Phoneに始まりiPhone Xで爆発的に普及したノッチ。今後はノッチ端末とノッチを無くし、スライドなどのギミックを仕込んだ端末とで、別の進化・発展をしていくのかもしれません。