ポケモンGO横須賀の楽しみ方ガイド!Memory Laneでフレンド用にレアなお土産も持ち帰ろう #ヨコスカGO

朝から晩まで堪能しました!

砂流恵介(Keisuke Sunagare)
砂流恵介(Keisuke Sunagare), @nagare0313
2018年08月31日, 午後 02:07 in Pokemon GO
0シェア
FacebookTwitter
Engadget

8月29日(水)から9月2日(日)まで、横須賀で開催されている『Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA』に行ってきました。

結論から先にいうと......、会場内だけでなく、横須賀の街全体がお祭り状態でした!

イベント開催場所である、「ヴェルニー公園」「三笠公園」「くりはま花の国」のすべてを周り、周辺地域も散策した筆者が週末イベントに遊びに行く方に向けて、ポケモンGO横須賀イベントの楽しみ方を紹介します。フレンドへのお土産になるギフトも見つけたので、ご参考になれば幸いです。また、イベントレポートでもあるので惜しくも抽選に外れてしまった方はレポートとして楽しんでいただければと思います。

Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKAとは?



Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKAとは、横須賀市内の「ヴェルニー公園」「三笠公園」「くりはま花の国」で開催中のPokémon GO公式イベントです。事前申し込みの抽選に当たったユーザーを対象に、アフリカ近辺限定の「トロピウス」や、出現率が非常に低い「アンノーン」など珍しいポケモンが登場します。

▲三笠公園には世界三大記念艦の一つである「三笠」が保持されています

開催日は8月29日(水)~9月2日(日)の5日間(参加できるのはいずれか1日のみ)。時間は、各日朝10時から20時までです。

・会場から会場への移動時間
会場の「ヴェルニー公園」「三笠公園」「くりはま花の国」ですが、ヴェルニー公園と三笠公園は徒歩20分~30分程度の距離(ただしポケモンゲットしながら歩くと2倍の時間はかかります)で移動できますが、くりはま花の国のみかなり遠いので注意が必要です。一番距離のあるヴェルニー公園からくりはま花の国に向かう場合、1時間半くらいかかります(徒歩+電車)。



会場詳細
http://www.yokosuka-go.jp/news/20180827_836598177037.html

会場でチェックインしてスペシャルリサーチを遊ぶ!



まずは、会場のポケストップを使ってコード入力かQRコードのチェックインをおこないます。

*当初は、3会場のいずれか1か所でしかチェックインできない方式でしたが、どの会場でもチェックインできるようになりました。

チェックインをすると、スペシャルリサーチが追加されます。

タスクの内容は......
・ポケストップを10回まわす
・ダンバルを10匹捕まえる
・ラルトスを10匹捕まえる
・ナマケロを10匹捕まえる
・タマゴを3個かえす
といったもの。

難易度の高いタスクはとくにないので、1~2時間ですべてのタスクを完了できます。1点注意なのが、ヴェルニー公園と三笠公園の場合は、基本的には公園間の移動が必要になること。ヴェルニー公園ではラルトスとナマケロは大量に出現しますがダンバルが出現しない(周辺には出ます)、三笠公園ではダンバルとナマケロは大量に出現しますがラルトスが出現しない(周辺には出ます)ため。

片方の公園とその周辺でタスクを完了させることもできますが、後述するアンノーンも公園ごとに種類がわかれているため、どちらも行ってみることをおススメします(トロピウスはどちらにも出ます)。

くりはま花の国は、場所が遠いこともあってかダンバル、ラルトス、ナマケロがまんべんなく出現しました。そしてトロピウスはこちらにも出ます。



ダンバル、ラルトス、ナマケロのタスクを完了すると、それぞれの進化後であるメタグロス、サーナイト、ケッキングの捕獲チャレンジができます。10匹捕まえることで、メタング、キルリア、ヤルキモノにも進化できるので、そちらも忘れずに。



ちなみに、捕獲チャレンジのときはAR+の機能をして記念写真を撮るのもおススメです。ちなみに、すべてのタスクを完了すると驚異的な量のほしのすな(100000)がゲットできます。

アンノーンでYOKOSUKA GO! をつくる



Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKAでは、イベントにちなんで、Y、O、K、S、U、A、G、! 道警8種類のアンノーンが出現します。これらのアンノーンをすべて揃えると「YOKOSUKA GO!」になるのでぜひコンプリートを狙ってみてください。

くりはま花の国ではすべてのアンノーンが出現するようですが、ヴェルニー公園と三笠公園は別々のアンノーンが出現します。公園を行き来することでコンプリートできる形です。時間がない方は、くりはま花の国にいくか、"!"が出現するヴェルニー公園だけでも押さえておくと良いかと思います。

イベント限定のポケストップのギフトを集める



会場には、Memory Laneと呼ばれるポケストップが複数用意されています。これは、イベント参加者限定のポケストップで、歴代のオープンニング画像がポケストップのアイコンになっているもの。思わずスクリーンショットを撮りたくなるくらい可愛いので、スペシャルリサーチやアンノーンを集めるついでに探してみるのも面白いと思います。

また、こちらのポケストップからギフトも出てくるので、惜しくも抽選に外れてしまったフレンドにこのギフトをお土産に送るのもおススメです。

Memory Laneは、くりはま花の国に大量にあります。また、ヴェルニー公園と三笠公園の入り口周辺と、どぶ板通り商店街にもあります。ですので、公園間を移動するときはどぶ板通り商店街を歩いてみてください。



商店街では、Memory Laneのほか、お買い物をすることでイベント限定ステッカーがもらえたり、12時から17時まで1時間に1回ピカチュウ、もしくは、イーブイが商店街に登場する時間も設けられています。記念写真も一緒に撮れました。

商店街などの連動企画は下記のページが詳しいので、コチラをご覧ください。
http://www.yokosuka-go.jp/news/20180827_519668002678.html

チルット、ハリボー、タネボーなどの進化も




Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKAでは、トロピウス、ダンバル、ラルトス、ナマケロ、アンノーン以外のポケモンも頻繁に出現します。とくに多いのは、アチャモ、ミズゴロウ、ヒンバス、ハリボー、チルット、タネボーです。

いずれのポケモンも普段は頻繁に出てこないのと、進化に必要なアメが多いのでこの機会にゲットしてしまいましょう。筆者はアチャモとミズゴロウはすでにアメに余りがあるのでそこまでゲットしていないですが、アメが足りてなかった他のポケモンは積極的にとりました。タスクを優先しながらでしたが、半日で

・チルット 36匹
・ハスボー 24匹
・タネボー 22匹
・ヒンバス 18匹

捕まえました。これらのポケモンはヴェルニー公園と三笠公園にも出ますが、どぶ板商店街などの周辺地域に多く出現します。くりはま花の国では、出現しなかったので注意です。

AR+を楽しむならくりはま花の国がベスト



くりはま花の国は、会場内が大自然なのでAR+を楽しむならベストな場所です。「あー、ポケモンがリアル世界にいたらこういう場所にたくさんいるんだろうなぁ」という気分が味わえます。雰囲気で言えば、イベント会場の中で断トツです。ただし、冒頭でも書いたように移動に時間がかかるので、その点は本当に注意が必要。また、駅からけっこう歩くのと、傾斜があるので、"時間と体力が持っていかれる場所"という認識で向かってください。

まとめ



というわけで、Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKAの楽しみ方をまとめてみました。最後の最後に全力で楽しむために、準備おいたほうがいいものを羅列しておきます。

・ゲーム内のモンスターボール(できればハイパーボール)多数
・モバイルバッテリー(超必須)
・タオル
・帽子
・飲み物
・替えのTシャツ(暑い日であれば)
・モバイルバッテリー(念のためもう1個)

それでは皆さま、イベント楽しんでください!
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ポケモンGO, niantic, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
0シェア
FacebookTwitter