水中もOK ソニーが完全無線イヤホン「WF-SP900」発表

電波の通らない水中でどうやって?

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年09月2日, 午前 10:00 in audio
0シェア
FacebookTwitter

ドイツ・ベルリンで開催中のIFA 2018より。ソニーは海やプールで使える防水タイプの完全無線イヤホン「WF-SP900」を発表しました。価格は280ユーロで、日本での価格は未定です。

「WF-SP900」はIPX 5/8防水・IP6X防塵性能を備え、2mまでの水深に対応するスポーツタイプの完全無線イヤホンです。Bluetoothでスマホとペアリングして音楽を楽しむことができます。



電波の通らない水中では、Bluetoothではなく磁界の変化で通信する「NFMI」規格を採用。イヤホンの片側には4GBのストレージを内蔵しており、ここに保存した音楽をもう片方のイヤホンにも送信することで、水中でも完全ワイヤレスで音楽を楽しめます。なお、水中ではBluetoothが使えない関係で、スマートフォンに保存した音楽をストリーミング再生することはできません。





また、周囲の環境音を聞きながら音楽を楽しむ「アンビエントサウンドモード」にも対応。連続駆動時間はスマートフォンとペアリングした場合12時間、内蔵ストレージを利用する場合21時間です。(充電ケースで充電しながら使用した場合)

カラーバリエーションはイエロー・ブラック・ホワイトの3色展開です。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: audio, ifa2018, sony, sonyWF-SP900
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents