2020年以降、WiMAXはWiMAX 2+へ完全移行。既存ユーザー向けの乗り換えキャンペーンが10月1日に開始

乗り換え対象端末は3種類

こばやしなおき(Naoki Kobayashi)
こばやしなおき(Naoki Kobayashi)
2018年09月3日, 午前 11:30 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
UQコミュニケーションズは、WiMAXサービスを2020年3月31日で終了すると発表しました。現状WiMAXサービスに割り当てられている10MHzぶんの帯域はWiMAX 2+サービスへと割り当てられるとのことです。



これに伴い、WiMAXサービスへの新規加入申し込み受付は2018年9月30日で終了へ。また、現在WiMAXサービスを利用中のユーザーに対しては、無料でWiMAX 2+機器へ機種変更できる「おトクに機種変更」キャンペーンが10月1日より開始されます。

「おトクに機種変更」は、実施期間となる2018年10月1日~2020年3月10日の間に、WiMAX機器からWiMAX 2+機器への機種変更およびプラン変更を行ったユーザーのWiMAX契約解除料、登録料、端末代金が0円になるというもの。機種変更で選べる端末は「Speed Wi-Fi NEXT W05」「Speed Wi-Fi NEXT WX04」「Speed Wi-Fi HOME L01」の3つから選択可能となっています。申し込みは専用サイトから。




ちなみにWiMAXサービスが利用できなくなる端末の例は以下の通りです。



WiMAX内蔵PCの一例


データ通信カードやモバイルルータータイプはもちろんですが、内蔵タイプのPCなどでもWiMAXの利用ができなくなります。利用中の方は「おトクに機種変更」キャンペーンが始まる10月1日まで待って、プランを変更するのがおすすめです。なお、WiMAXサービスが搭載されているWiMAX 2+機器は「おトクに機種変更」の対象外となるのでご注意ください。



 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: mobile, uq, uq communications, uq wimax, wimax, wimax 2+, Wimax2Plus, wireless
0シェア
FacebookTwitter