Xperia XZ3の背面ノッチ、理由は?

「必要」からうまれた

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年09月3日, 午後 03:00 in ifa2018
0シェア
FacebookTwitter


ソニーモバイルがIFA 2018で発表した最新スマートフォン「Xperia XZ3」には、実はノッチがあるってご存知ですか?

ノッチといってもiPhone Xのように画面上部にあるわけではありません。背面のUSB-C端子まわりに、凸字型のノッチ(切り込み)があります。



先代の「Xperia XZ2」からデザインを大きく洗練させた本機においては、地味に目立つ存在です。

そもそもXperiaは「継ぎ目のないシームレスなデザイン」を志向しています。過去には「Xperia X Performance」の国内版に、グローバル版にはない継ぎ目があることでも話題になりました。その理由は日本の電波基準を満たすためでしたが、今回の背面ノッチにも何か理由があるはずです。



早速ソニーモバイルの担当者に聞いたところ『USB-C端子の強度を高めるため、内部構造的にこのような工夫が必要だった』と語ります。

Xperia XZ3では薄型化を進めた結果、側面サイドフレームはわずか3mmの厚さしかありません。この状態でソニーモバイルが規定する強度を保つには、端子のまわりを補強する必要があったようです。

このように「必要」から生まれたわけですが、デザイン面ではいいアクセントになっている気もします。

Xperia XZ3は日本で今秋発売予定。前モデルはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから発売されており、XZ3も同様の展開が期待できそうです。

関連:
ソニー新フラグシップ Xperia XZ3の実機に触れる

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ifa2018, mobile, sonymobile, xperia, xperiaxz3
0シェア
FacebookTwitter