9月7日のおもなできごと

2001年、NTTドコモがキーボード付きPDA「sigmarionII」を発売
2007年、東芝が携帯プレーヤー「gigabeat T401S」を発売
2007年、ロジクールが空中操作可能なマウス「MX Air」を発売
2012年、マイクロソフトが「Wedge Touch Mouse」などを発売

2007年:2.4インチカラー液晶を搭載したメディアプレーヤー「gigabeat T401S」


アップルのiPodシリーズに苦戦しながらも、国内メーカー各社が頑張っていた頃の携帯メディアプレーヤのひとつ、「gigabeat」シリーズの新モデルです。厚みは9.9mmありますが、ほぼクレジットカードサイズに2.4インチQVGAという大き目かつ(当時としては)高精細な液晶を搭載し、音楽だけでなく動画の再生にも対応していました。「T401S」は無線LANなしモデルとなりますが、後日、10月5日には無線LAN対応の「T401」も登場しています。

2007年:モーションセンサー装備で空中でも操作できるマウス「MX Air」


低価格モデルから多機能モデル、そして飛び道具まで幅広いラインナップをそろえるロジクールですが、その中でも、かなりの飛び道具的な製品となる「MX Air」が登場しました。机上では通常の無線レーザーマウスとして動作しますが、特徴的なのは空中での操作。本体を傾けてポインター操作ができるほか、ボリュームボタンを押しながら左右に動かせば音量調整ができたり、再生ボタンを押しながら円を描くと次の曲/前の曲を選べるといったように、ジェスチャー操作が可能というもの。かなりクセはありますが、リビングPCの操作には便利ですよね。