スマホ利用率、AndroidがiPhoneを上回る:MMD調査

若年層ほどiPhone

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年09月10日, 午後 12:45 in mobile
0シェア
FacebookTwitter

MMD研究所は「2018年8月 モバイルデバイスシェア調査」を発表。スマホOS別のシェアでAndroidがiOSを上回ったと発表しました。

調査期間は7月31日〜8月1日で、15歳から69歳の男女約5000人から有効回答を得られたとのこと。

その結果、メインで利用しているスマートフォンにおけるAndroidの割合は40.1%、iPhoneの割合は35.2%となり、AndroidがiPhoneを上回ったということです。



また、10代は男女ともにiPhoneの利用率がAndroidの利用率を上回り、10代女性は72.5%がiPhoneを利用していると回答。



利用しているスマホにブランドでは、アップルが46.7%と首位。以降ソニーモバイルが14.9%、シャープが12.1%と続きました。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, ios, iphone, mobile, smartphone
0シェア
FacebookTwitter