9月11日のできごとは「eneloop lamp発売」「SH-08A発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年09月11日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

9月11日のおもなできごと

2000年、IBM(現:レノボ)が12.1インチ液晶の「ThinkPad X20」を発売
2009年、IEEEが無線LAN規格「IEEE802.11n」を正式承認
2009年、ドコモがソーラー充電可能なケータイ「SH-08A」を発売
2009年、三洋電機(現:パナソニック)が「eneloop lamp」を発売

2009年:持ち上げると懐中電灯になるインテリアライト「eneloop lamp」(ENL-Y1S)


ここ最近、大規模災害が続いて起こっていますが、こういった非常時にまず欲しくなるのが明かり。とはいえ、せっかく懐中電灯があっても電池がなければ意味がありませんし、そもそも、夜中に起こった災害なら懐中電灯を探す事すら困難になります。こういった場合にあると助かるのが、常設されたライト。eneloop lampは常に光っているインテリアライトとしてだけでなく、90度以上傾ければ懐中電灯として底面のLEDが光るという便利なグッズです。もちろん無接点充電法式の採用で、電池の心配はありません。1万5000円というのは手が出しにくいので、今こそ廉価版が登場して欲しいアイテムですね。

2009年:10分間のソーラー充電で1分話せるケータイ電話「SH-08A」


災害時に役立ちそうな製品が目に付いたので、もうひとつ。本体にソーラーパネルを装備し、10分間太陽光を当てれば1分間の通話や3時間の待ち受けが可能というユニークなケータイ電話「SH-08A」です。ソーラー充電状況を教えてくれるランプや、充電できる場所かの目安となるソーラーガイドを備えるなど、真面目に発電機能として組み込まれていました。とはいえ、このサイズのパネルでは十分な発電は期待できず、理論値として......といったところでしょうか。目の付け所はよかったと思います。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: docomo, eneloop, eneloop lamp, sanyo, sharp, SolarPower, today
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents