テスラ、全車種のカラーラインナップを縮小。生産性向上のため2色を別料金オプションに

企業には利益をあげることが求められます

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年09月12日, 午前 11:15 in Transportation
0シェア
FacebookTwitter
テスラ創設者のイーロン・マスク氏が、全車種のカラーラインナップを変更し、一部をオプション扱いにすると発表(ツイート)しました。ラインナップから外れるカラーはオブシディアンブラックとメタリックシルバーで、今後この色を希望する場合は追加料金が請求されます。マスク氏は、カラーラインナップの変更理由を「製造の簡素化のため」と説明し、それでも削減された2色を望む場合は1500ドル(約17万円)以上のオプション料金が必要になるとしました。
しかし皮肉なことに、カラーラインナップの変更にはマルチコートカラーを扱う塗装工程全体を止める必要があり、一時的に生産性は落ちます。その様子をみたマスク氏は、テスラのシグネチャーカラーである赤の塗料が工程内に飛び散っているのを見て、まるで(テレビドラマの)「デクスター」みたいだとツイートしていました。

テスラのカラーラインナップ縮小は、Model 3の即納車投入やまるで仮設テントのような製造建屋建設と言った売上高向上のための取り組みの中でも最新のものです。そしてそれは、多少は顧客の期待を削ぐような結果になろうとも損失を食い止め、成長のために販売目標を達成する決意と言えそうです。
%Vidible-5b97c75c0153016af1c30439%
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: electriccar, electricvehicle, elonmusk, ev, gear, model3, models, modelx, tesla, Transportation
0シェア
FacebookTwitter