9月12日のおもなできごと

2002年、カプコンがXbox用ゲームソフト「鉄騎」を発売
2013年、キヤノンがF1.8レンズ搭載の「PowerShot S120」を発売
2013年、キヤノンが高機能コンデジ「PowerShot G16」を発売
2013年、パナソニックがミラーレス一眼「LUMIX DMC-GX7」を発売
2014年、ロジクールが3台対応のキーボード「K480」を発売

2013年:AF速度を高速化し星空撮影にも対応した「PowerShot G16」


キヤノンの高級コンデジであるPowerShot Gシリーズ。大型センサー搭載のXモデルは今も続いていますが、1/1.7型センサー搭載の基本モデルとしてはこのG16が最後の製品となります。レンズの交換こそできませんがマニュアル設定が豊富で、凝った写真の撮れるコンデジとして、または一眼のサブ機として人気がありました。同時に発売された「PowerShot S120」もそうですが、星空撮影に対応。コンデジながら天体撮影が手軽に楽しめるほか、静止画をつなぎ合わせて数秒の動画にしてくれるという機能も搭載していました。

2014年:3台のデバイスを切り替えて使えるBluetoothキーボード「K480」


ダイヤルスイッチで1~3まで選択でき、それぞれで別の機器とペアリングすることで接続先を変更できるキーボードがロジクールから登場しました。スマホやタブレットを立てかけられる溝があり、別途スタンドを用意しなくても軽快にキー入力ができるのが特徴です。重量は820gと重めなので、タブレットと組み合わせてもひっくり返る心配ないのがうれしいですね。キーが丸みを帯びているためオモチャっぽさがありますが、カーソルが独立していたりとキー配列は素直。意外と打鍵しやすいです。