NVIDIA Shield、ゲーム内ボイスチャットをアプデにてサポート

バーチャルキーボードとマウス関連アプリも

Honyaku Tsukamotonaoki
Honyaku Tsukamotonaoki, @tsukamoto_naoki
2018年09月12日, 午前 06:00 in gaming
0シェア
FacebookTwitter


[Engadget US版より(原文へ)]

NVIDIAは「NVIDIA Shield」のアップデートの配布を開始しました。これにより、新機能の追加や旧機能が復活します。同ゲームハードでは新しい「GeForce Now(ベータ)」が近日リリースされましたが、本日のアップデートはそのストリーミングサービスにてゲーム内ボイスチャットを可能にするなど、いくつかの改善を含んでいます。対応ゲームは人気のフォートナイトやPUBGで、ヘッドセットやマイクをShieldのコントローラーに接続することもできます。

くわえて、NVIDIAはキーボードとマウスの使用感も改善しており、よりスムースかつ正確なマウス動作やキーボードショートカット、そしてGeForce Nowでの対応ゲームのサポートがくわわるのです。なお、近日には新作タイトル『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』もリリース予定です。

またNVIDIAは、Shieldのサービスへのログインの簡易化が課題だったとして、NVIDIA Shield TVアプリをリリースしています。これはバーチャルキーボードとマウスを使用してログインをより簡単かつ迅速にするもので、Google PlayとApp Storeで配布が開始されています。

また本日のアップデートでは対応TVやモニタでの120Hzモードのサポートや、電源OFFや再起動、スリープに関するクイック設定が追加されています。最後に、NVIDIAはスクリーンショットやゲームのハイライトの録画、Twitchでのゲームプレイの配信を行う「NVIDIA Share」を復活させています。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Mallory Locklear

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: gaming, mobile, nvidia, nvidia shield, tablet
0シェア
FacebookTwitter