任天堂はニンテンドースイッチ向けオンラインサービス「Nintendo Switch Online」を2018年9月19日(火曜日)に正式スタートすると発表しました。さらに、正式スタート後にはニンテンドーeショップにて7日間の無料体験が提供される予定です。

Nintendo Switch Onlineではインターネットを通じたゲームの「オンラインプレイ」が提供されます。それ以外にもファミリーコンピューターのレトロソフトが遊べたり、セーブデータお預かり(一部タイトル除く)やスマートフォン向けアプリが提供されます。

ファミコンのレトロソフトとしては、『スーパーマリオブラザーズ3』や『ゼルダの伝説』、『ドンキーコング』など20本が登場。さらに、今後のタイトル追加も予定されています。一方、セーブデータお預かりでは『スプラトゥーン2』など大型タイトルの対応が見送られ、若干物議を醸したりもしました。

正式スタート後のNintendo Switch Onlineは有料サービスとなっており、月額300円/年額2400円で利用できます。ゲームが大好きなお子さんでも、お小遣いの範疇で支払える価格に抑えられているようですね。