SpaceX「BFRで行く月旅行」初の民間客と契約。詳細は日本時間18日のライブ配信で発表

どんな人が、なぜ契約したのかを発表するそう

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年09月14日, 午前 11:45 in Space
0シェア
FacebookTwitter
Space Exploration Technologies Corp、通称SpaceXが、世界初となる月への民間旅行客と契約をかわしたことを明らかにしました。詳細は9月17日に発表するとのこと。

SpaceXが月周回旅行に使用するのは、現在開発中とされるBFR。BFRは火星を目指すことに加えて世界主要都市をむすぶ宇宙間飛行への使用も想定される多目的な巨大宇宙船です。人類が月面を目指し、到達したのは1960~70年代にかけて繰り広げられた東西の宇宙開発競争のこと。最後に有人で月面着陸を果たしたのは1972年のアポロ17号で、もう46年ものあいだ、月に足を踏み入れた人はいません。

しかし近年、月にあると想定される資源の採掘や、月を火星有人探索への出発点として利用する基地化構想などがもちあがり、近い将来にふたたび人類がそこへ向かう機運が高まりつつあります。
SpaceXは、BFRを使う「月周回ツアー」に初めて民間人の予約客がついたことを、9月17日にライブ配信にて発表にするとのこと。日本時間では9月18日午前10時から。

"どんな人物" が "なぜ" 契約したのか、いつ頃実施されるのか?気になる方は視聴してみてはいかがでしょうか。

追記:どうやら日本人っぽいです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: BFR, breaking news, ElonMusk, moon, Space, spacex, tomorrow, transportation
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents