Wihtingsがティザーサイトをオープン。ブランド復活とGPS搭載製品を発表?

発表は9月18日16時

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年09月17日, 午後 03:00 in healthcare
0シェア
FacebookTwitter

6月にNokiaのデジタルヘルス部門Nokia Healthを買収したと発表、年内にブランドを復活する予定としていたWithingsが、ティザーサイトをオープンしました。サイトでは、9月18日16時(日本時間)に向けてカウントダウンが行われています。
Nokiaはデジタルヘルスに力を入れるべく2016年にWithingsを買収。ブランド名をNokia Healthとして、WithingsのスマートウォッチやWi-Fi対応の体重計、血圧計、体温計などさまざまなスマートデバイスを販売します。

しかし、事業は上手くいかず、2018年2月にはデジタルヘルス事業の見直しを発表。そして6月にWithingsの共同設立者であるEric Carreel氏に売却され、元サヤに収まった形です。

Withingsはユーザーに宛てたメールの中で、「Withingsはすぐに返還されます」としており、今回のティザーはWinthingsブランド復活発表に向けてのものと考えられます。



それだけではなく、メール中では「この機会を記念し、お客様とぜひ共有したい大きな物事をご用意しました」ともしています。ティザーサイトをみると、その背景は地図上に移動の軌跡を描いていており、GPS搭載製品をイメージさせるものに。

Winthingsと言えば、スマートフォンからの通知に対応したSteel HRや、アクティビティトラッカーのGoがありますが、いずれもGPSは非搭載。もしGPS搭載製品が登場するならWithings初となりそうです。

ただ、新製品が発表されると決まったわけではありません。Steal HRに、スマートフォンのGPSを利用できるアップデートを行う可能性も考えられます。

いずれにしろ発表はもう間もなく。何が出るのか期待して待ちたいと思います。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: DigitalHealth, EricCarreel, gear, healthcare, lifelog, medicine, nokia, Scales, SmartWatch, wearables, Withings
0シェア
FacebookTwitter