Googleは、ファミリーリンクの対象を10代にまで拡大したと発表。これまではできなかった、既存のGoogleアカウント管理も可能となっています。

通常、Googleのアカウントは13歳以上でないと作成できませんが、ファミリーリンクでは13歳未満のGoogleアカウントを作成可能。アプリのインストール制限や使用時間の制限など、いわゆるペアレンタルコントロールが可能となっています。


これまで、子供が13歳になった場合には、そのままファミリーリンクで管理されるか、ファミリーリンクを抜け、自分でアカウントを管理するかを子供側が選択できました。ただ、自分で管理することを選んだ場合でも、アプリの制限などは継続したいとの要望が保護者側から多く寄せられていたとのこと。

これを受け、Googleはファミリーリンクの対象を10代にまで拡大。提供されたアプリをみると18歳までが対象となるようです。あわせて、一般のGoogleアカウントも管理できるように変更されました。



ただし、13歳以上については従来のファミリーリンクとまったく同じに管理できるわけではありません。アプリの使用制限や端末の使用制限を保護者が設定できますが、その制限は子供側でいつでも解除可能です。なお、その場合には保護者に通知が行われます。

ペアレンタルコントロールは子供側からは解除できないのが一般的。自由に解除できては意味がないと感じるかもしれませんが、Googleはこれについて「家族で話し合い、ルールを決めることが重要だ」としています。