富士フイルム、1億200万画素の中判ミラーレス「GFX 100Megapixels」開発発表。

102メガショック

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年09月26日, 午前 10:00 in Cameras
0シェア
FacebookTwitter
富士フイルムが、1億200万画素のセンサーを備える中判ミラーレスカメラ「GFX 100Megapixels Concept」の開発を発表しました。ボディには手ぶれ補正機構と像面位相差オートフォーカスを「中判機としては初」搭載するとのこと。

FUJIFILM Gフォーマットセンサーを搭載し、高速画像処理エンジン「X-Processor 4」に超解像対応のフジノンGFレンズを組み合わせて「世界最高峰の写真画質」を生み出すとのこと。GFX 100には「中判ミラーレスデジタルカメラとして初」の技術が3つほどあります。

ひとつは「センサー全面に位相差画素を配置」したこと。これにより、被写体がフレーム内のどこにあったとしても高速高精度なオートフォーカスが可能になりました。また従来機が採用していたコントラストオートフォーカスでは困難だった動体追尾AFや、より高精度なコンティニュアスAFも実現し、より様々なシーンにすばやく対応できるようになりました。

2つめ。「ボディ内手ブレ補正機構を採用」し、超高解像撮影の領域を拡大したとのこと。ボディ内に手ブレ補正機構を備えるためすべての交換レンズで補正が可能となり、1億200万画素という超高解像写真のアドバンテージを損ねません。

そして最後は、「4K動画撮影」で映像制作にも対応したこと。新開発のイメージセンサーは高速読み出しが可能で、「X-Processor 4」によって4K/30p 10bitの撮影が可能。ハイエンドのシネマカメラよりも大きな中判センサーが「浅い被写界深度」「広い階調再現性」「高感度性能」を実現、「高品位な映像を手軽に撮影」できるとします。

そのほか、大型センサーを搭載しつつも、ボディのサイズは35mmフルサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフと同等の大きさ重さに仕上げ、縦位置グリップ一体型とすることで大型レンズ装着時も安定感あるホールディングが得られるとのこと。

気になる発売時期は2019年ごろを予定しており、価格は1万ドル前後。記事執筆時点のレートで換算すれば113万円前後になる見込みです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: camera, Cameras, entertainment, fujifilm, fujifilmgfx, fujifilmgfx100, gadgetry, gadgets, gear, gfx, gfx100, mediumformat, mediumformatcamera, mirrorless, mirrorlesscamera, photokina, photokina2018
0シェア
FacebookTwitter