battery
iFixit

アップル公称では前年のiPhone Xと比べてバッテリー持続時間が同等ないし長いとされる、iPhone XSおよびiPhone XS Max。しかし、ある条件の下での検証テストでは、いずれもiPhone Xを下回るとの結果が報告されています。海外レビューサイトTom's Guideは、各社のスマートフォンにつきバッテリー持続時間のテストを実施。iPhone XSとiPhone XS Maxに関しては、True Toneと明るさの自動調節をオフ、150nitsの輝度に設定して、4Gデータ通信により連続Webサーフィンを行うというものです。
Battery
このテスト結果は、iPhone XS Maxが10時間38分、iPhone XSは9時間41分。同じ条件下でiPhone Xは10時間49分もバッテリーが持続しており、どちらの最新モデルも前年モデルを下回る数字となっています。

アップル公式の仕様書における「インターネット通信」の最大時間は、iPhone XSが12時間、iPhone XS Maxが13時間、iPhone Xが12時間とされていました。

もちろん、デバイスの使用状況によってバッテリーの持続時間は劇的に変わることがありえます。アップルのいう「インターネット通信」の条件がTom's Guideのテスト条件と異なり、iPhone XSの持続時間がiPhone Xを上回る状況がある可能性も否定できません。公称の「最大時間」という表現も、ユーザーにより千差万別の使いかたを織り込んで幅を持たせたものでしょう。

さらに興味深いのは、他社のスマートフォンとの比較です。Huawei P20 Proが14時間13分、サムスンのGalaxy Note 9が11時間26分と、iPhone XS Maxを上回る結果となっています。

海外版のP20 ProとGalaxy Note 9のバッテリー容量はともに4000mAhに対して、iPhone XS が2659mAh、iPhone XS Maxが3179mAhであることがiFixitの分解で明らかとなっています。単純なWebサーフィンでの持続時間は、ストレートに「バッテリー容量のデカさ」が反映されるのかもしれません。