eSIM
開発者向けに配布されているiOS 12.1ベータ1にて、iPhone XSおよびiPhone XS MaxのeSIM設定が可能となっていることが明らかとなりました。

ただし、あくまでiOS内の設定が可能になったにすぎず、実際に使用するには通信キャリアの対応を待つ必要があるとされています。iPhone XSとiPhone XS Maxはnano SIMとeSIMによりデュアルSIM対応と謳われているものの、現時点ではアップル公式ページにあるように、「年内にリリース予定のiOS 12のアップデートをインストール」という扱い。つまり、eSIMは使用できません。この設定が今回のベータ版で追加された、というわけです。

iOS 12.1ベータ1での設定は、「設定」 「Cellular(モバイル通信)」内の「Add Cellular Plan(モバイル通信プランを追加」をタップ。ただし、ここで通信キャリアが提供しているQRコードをスキャンするよう求められます......が、そんなものは現時点ではない、ということで、通信キャリアの対応待ちとなります。

eSIM

また、QRコードスキャン画面の下にあるリンクをタップすると、アクティベーションコードを手動で入力もできます。QRコードと同様に、今のところ「入力する欄がある」に過ぎませんが。

なお米国におけるキャリア側の対応に関して、米アップル関連情報サイト9to5Macが、この秋からiPhoneのeSIMサポート開始予定と表明しているT-Mobileに問い合わせたところ、まだ準備ができていないと回答されたそうです。

中国・香港・マカオ版の「物理的にnano SIM2枚挿し」仕様と違い、それ以外の地域ではeSIM+物理nano SIMにより「実質的にデュアルSIM」となるiPhone XSとiPhone XS Max。しかし日本では、未だにeSIM対応に名乗りを上げる通信キャリアが1社もありません。新iPhoneの真価を発揮できるよう、少しでも早く国内キャリアの対応を望みたいところです。