期待の高速Androidスマホ OnePlus 6Tは10月17日にインドで発表か。予想CGも登場

ノッチはやはり今流行りの水滴型となる模様

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年09月28日, 午前 09:00 in android
0シェア
FacebookTwitter

中国OnePlusが配布したとされる招待状から、同社の新型スマートフォン「OnePlus 6T」が10月17日にインドにて発表される可能性が高まっています。また、製品の詳細が確認できるレンダリング画像も登場しているようです。

タイトル画像は、中国語SNSのWeiboに投稿された招待状です。なおOnePlus 6Tは10月16日にグローバルで発表され、インドでは1日遅れで発表されるとの憶測もあります。また招待状に記載された「Unlock The Speed」という文言は、同スマートフォンがスペックを重視したハイエンド向け端末になることを示唆していそうです。


さらに著名リークアカウントの@OnLeaksは、OnePlus 6TのCADデータを元にした高解像度なレンダリング画像を掲載しています。画像からは小型な水滴型ノッチやベゼルレスデザイン、それに背面のデュアルカメラが確認できます。一方で、イヤホンジャックは搭載されていないようです。また本体サイズから、画面の大きさは6.4インチになるとの確度が高まっています。

OnePlus 6Tはパッケージ画像のリークから、ディスプレイ指紋認証機能が搭載されると期待されています。これにより、「OnePlus 6」の背面に搭載されていた指紋認証センサーが撤去されると考えると、デザイン変更にも納得がいきます。

現時点の噂では、OnePlus 6Tは米キャリアのT-Mobileから550ドル(約6万1000円)で取り扱われるとされています。このような魅力的なスマートフォンが、早く日本でも買えるようになるといいのですが......。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, OnePlus, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents