バッティングセンターでフォームを確認したいときや、ペットのかわいい動きをスローで見たいとき、Xperiaのスローモーション撮影が便利ですよね。でも、通常の撮影モードで動画を撮ってしまった......そんな場合に便利なのが、実は「アルバム」アプリなんです。

Xperiaに標準搭載の「アルバム」アプリ内では、動画や写真の編集が簡単にできます。今回は、「アルバム」アプリで通常の動画をスローモーションにする方法をご紹介しましょう。

まずは「アルバム」アプリを起動

撮影した動画を編集するには、「アルバム」を開きます。該当する動画をタップして、画面下部にある動画編集ボタンをタップ。「トリミング」「速度」「フォトキャプチャ」が行える動画編集画面に切り替わります。


▲「アルバム」アプリで動画を選択。画面下部の動画編集アイコンをタップ(左)。「トリミング」「速度」「フォトキャプチャ」といった編集が可能です(右)

通常撮影した動画をスローモーションに編集するには、「速度」をタップ。「×1/8」「×1/4」「×1/2」の3パターンから速度を選べます。速度を適用する位置はスライダーで調整できるため、動画の一部分のみをスローモーションにすることも可能です。

また、ひとつの動画のなかで3パターンの速度を組み合わせることもできます。編集が完了したら「適用」をタップ。続けて画面右上の「保存」を押しましょう。


▲「速度」の選択画面。3パターンの速度から選び、適用する箇所をスライダーで調整できます

トリミング、フォトキャプチャ機能も活用しよう

動画の長さを調節する「トリミング」や、動画の一場面を画像として保存できる「フォトキャプチャ」機能も合わせて覚えておくとよいでしょう。

トリミングをする場合は、「動画編集」アイコン、「トリミング」の順にタップ。自由に長さを調節できる「カスタム」、または「5秒」「10秒」「30秒」が選択できます。


▲「トリミング」の編集画面。自分で長さを調節できる「カスタム」または指定された秒数を選択し、スライダーで位置を決める。完了したら「適用」をタップしましょう

イベントやパレードなどを動画で撮影し、あとでお気に入りの場面をキャプチャして静止画として残すという人もいるのでは? 「フォトキャプチャ」はそんなときに役立ちます。ボタン操作でひとコマづつ位置が確認できるため、通常のキャプチャ方法よりも簡単です。


▲「フォトキャプチャ」画面。下部のボタンで、ひとコマずつ動画の位置を調整できる。最後に「保存」を忘れずに