ニンテンドークラシックミニ ファミコンやミニ スーパーファミコンでレトロゲーム機復刻のブームを作った任天堂ですが、次はハンドヘルドゲーム機をターゲットにしているのかもしれません。といっても先の2機種のような復刻ではなく、スマートフォンと組み合わせたものです。

任天堂が、ゲームボーイのような外観にするスマートフォンケースの特許を出願しました。この特許、2017年3月に日本でも出願されているようです。

内容としては見たままで、手帳型ケースのディスプレイ側が、ゲームボーイのインターフェースになっているもの。物理的なボタンを備えますが、押し込むことでタッチパネルを操作する形です。

スマートフォンをゲームボーイ風にするものとしては、専用ハードにスマートフォンとゲームカートリッジを差し込むSmart Boy Developer Kitや、iPhoneの背面でテトリスを遊べるWANLEなどがありますが、今回の特許はスマートフォン単体でゲームが動作しているのが特徴です。

特許を出願したところで、製品化されるとは限りませんが、レトロゲーマーズ好きには響くかもしれません。ただ、この特許はあくまでもケース。実際に気になるのは中身のほうでしょうか。スマートフォンで遊べる任天堂公式ゲームボーイアプリの登場が望まれます。