仮想通貨ウォレットアプリのGincoは10月9日、ブロックチェーン上で仮想通貨を取引できる「DEX」機能を追加しました。アプリ内の「両替」タブから、仮想通貨同士を交換できるようになります。

DEX(分散型取引所)は、中央管理型の取引所とは異なり、ブロックチェーン上で仮想通貨を交換する仕組みです。資産の集中により、ハッキングの攻撃対象になりやすい中央管理型の取引所に資産を預けずに取引できるため、セキュリティのリスクを大きく低減できるメリットがあります。

実装面では、GincoはKyber networkの提供する「KyberSwap API」というDEXと接続。イーサリアムプラットフォーム内で発行された仮想通貨同士について、スマートコントラクトを用いて取引します。なお、取引時にはガス代(Gas)が必要となります。


海外で先行、日本では「金融庁と調整中」

このDEX機能は海外で利用可能。日本では「仮想通貨交換業にあたるか金融庁と調整中」としていて、当たらないと確認された場合には、日本でも提供するとしています。