Garmin、300ドルのタフネススマートウォッチ「Instinct」発表。バッテリ持ちは最大14日間

タフネス仕様のスマートウォッチとしてはお買い得

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年10月13日, 午後 12:30 in wearables
0シェア
FacebookTwitter
Garmin Instinct
GPS機器メーカーGarminが、同社のアウトドア向けGPSウォッチとしてはエントリーモデルとなる「Instinct」を米国で発表しました。価格は299.99ドル(約3万4000円)。

Instinctは見た目の通りのタフネス性能を備えたスマートウォッチ。米軍調達規格MIL-STD-810Gの耐熱性、耐衝撃性、耐水性(100m防水)基準をクリア。ケース本体には強度と耐久性に優れたFRPを採用します。なお、ケースサイズは45mmで、ディスプレイは0.9インチ 128 x 128ドットのモノクロ表示。

スマートフォンと連携し、着信や各アプリからの通知を表示可能ですが、OSはWear OSではなく独自のものとなります。心拍、各種アクティビティ、ストレスの計測に対応し、一般的なアクティビティトラッカとしても使えます。

その特徴は、なんといってもGPS機能です。3軸コンパスと気圧高度計を内蔵し、測位システムとしては、GPSのほかGLONASSとGalileoをサポート。ディスプレイ上で地図表示こそできませんが、方位と距離を表示しナビゲーションも可能です。また、同じルートを辿り、スタート地点に戻れるTracBack機能も搭載します。

バッテリー持ちは通常使用で最大16時間、GPSの測位回数を減らしたUltraTracモードなら最大40時間。GPSを利用しないスマートウォッチモードでは最大14日間利用可能とのこと。

GarminのアウトドアGPSウォッチには、日本でも販売されている「fēnix 5シリーズ」がありますが、もっとも安いfēnix 5でも549.99ドル(約6万2000円)。また、カシオのPRO TREK Smartシリーズも価格は約6万円ほどです。

単体での地図表示やVO2Maxの測定、音楽再生機能などはありませんが、それらが不要なら、約半額で購入できるGPS対応アウトドアスマートウォッチとして、お得感はあります。

(訂正 11月3日 14:40: 初掲時、VO2maxの測定に非対応としていましたが、正しくは対応していました。お詫びして訂正します)



 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: gadgetry, gadgets, garmin, gear, gps, instinct, smartwatch, wearables
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents