Mate20XRS

ファーウェイが10月16日にロンドンで発表したMate 20シリーズのうち、バリエーションモデルといえる2つの製品が「Mate 20 RS」と「Mate 20 X」です。ここ数年のファーウェイの新製品発表会では、フラッグシップモデルとして「Pro」と「Proなし」の2モデルが発表され、追加でポルシェデザインコラボモデルも投入するという3機種のリリースが続いていました。ところが今回は予想を裏切り「ワン・モア・シング」として1機種を追加、7インチ越えの巨大モデルMate 20 Xも登場したのです。ハイスペックモデルを一気に4機種出すだなんて、ファーウェイの勢いのすごさに圧倒されてしまう新製品発表会でした。

Mate 20 Xファーストインプレッション:大型画面に無限の可能性を感じる

MateXRS
まさかハイスペックスマートフォンでこの大きさを出してくるとは、ファーウェイの動きは全く読めませんでした。ファーウェイの巨大画面モデルはhonorブランドの「honor 8X」が7.12インチ、「honor Note 10」が6.95インチ。ところがMate 20 Xはそれらを超える7.2インチもの大型ディスプレイを採用しています。解像度は2244x1080ピクセルでこれはMate 20と同じです。

この画面サイズを数字だけで見ると小型タブレットのようにも思えますが、ベゼルが薄いことと18.7:9のディスプレイアスペクト比と相まって、横幅は85.4ミリに収まっています。片手持ちはやや厳しいですが、タブレットのように必ず両手で持たなくてはない、ということはありません。カメラはP20 Proとほぼ同じ構成で40メガピクセルの広角、20メガピクセルの超広角、8メガピクセルの望遠。バッテリーは5000mAhあるので長時間の利用も安心です。

Mate20XRS

Mate 20 XとMate 20 Proを比較すると、大きさは二回り以上も異なります。ここまで大きいと「元祖巨大スマホ」といえる「Xperia Z Ultra」の後継機を求めていた人にぴったりの製品かもしれません。ほかのMate 20シリーズ同様にKirin 980を搭載していますからスペックに不満も出ないでしょう。

Mate20XRS


この大きさとスペックをいかしてゲーム機としての利用にも適しているでしょう。オプションでBluetooth接続のゲームパッドが用意され、ワンタッチでMate 20 Xをポータブルゲーム機のように使うこともできます。なおこのゲームパッドは端末を抑える部分が可動式のため、Mate 20 X以外のMate 20シリーズ各機種にも対応しているとのこと。

Mate20XRS
Mate20XRS

ところでMate 20 Xは新たにスタイラスペン「M-Pen」が利用できます。本体とは別売で、発表会にはM-Penの展示はありませんでした。しかしMate 20 Xの設定画面の中にM-Pen関連のメニュー項目を見ることができます。それによるとM-Penを使い「メモ帳起動」「表示内容確認」「スクリーンショット」「画面分割」といった操作を行えます。もちろんペンを使った手書き入力も可能です。

Mate20XRS

Mate 20 RSファーストインプレッション:高級モデルに恥じない美しさ

Mate20XRS
ポルシェデザインとコラボレーションしたモデルもすっかりおなじみになりました。Mate 20 RSはMate 20 Proのデザインを変更したモデル。本体サイズはMate 20 RSとMate 20 Proで同等、ただしMate 20 RSの厚みは背面が革張り仕上げになっていることもあり若干厚くなっています。なお側面のフレームは背面の革と同じ色の仕上げ。本体カラーはレッドとブラック。どちらもいい色です。

Mate20XRS

Mate20XRS
スポーツカーをイメージさせるデザインであるだけではなく、革張りとなったことで高級感が増しています。上位モデルは20万円を超える価格ですが、触った感じは高級品そのもの。スペックが高いだけではなく、質感でも物欲をそそられる製品です。

Mate20XRS
Mate20XRS
ポルシェデザインのモデルは過去の製品も日本では出ていません。しかし最近のスマートフォンは10万円どころか20万円近いモデルも増えています。Mate 20 RSもぜひ日本で発売してほしいものです。