engadget
アマゾンジャパンは、E-Ink電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」の新モデルを発表しました。価格は1万3980円(税込)で、本日(10月16日)より予約受付開始。出荷は11月7日を予定します。

Kindle各シリーズの良い所取り

新「Kindle Paperwhite」は、「Oasis」のIPX8防水、旧「Paperwhite マンガモデル」の32GBストレージ、「Voyage」の段差のないフラットスクリーンを兼ね備えたモデルです。

Kindle各モデルの良い所取りだといい、担当者は『Kindleシリーズの集大成』ともアピールします。

engadget

筐体サイズは前モデルに比べて薄型・軽量化。Paperwhite史上最薄の8.18mm、最軽量の182gを実現しています。

6インチのE-Inkディスプレイは300ppiと高精細なほか、フロントLEDライトは4個から5個に増加し、明るさの均一性も増しています。

engadget

Paperwhiteシリーズ初となる防水は、IPX8等級に対応。お風呂やプール・海など、場所を選ばずに使えるとアピールします。具体的には、水深2mの真水に最大60分間の浸漬にも耐えられるとのこと。

ストレージ容量も増加し、ベースモデルはこれまでの4GBから8GBに。また、これまでマンガエディション限定だった32GBモデルも用意します。これにより、多くの本やマンガを持ち歩くことができるとアピールします。

また、32GBの無料4G付きモデルも用意し、こちらの出荷は12月13日を予定します。

各モデルの価格は下記の通りです。(いずれも税込)
・8GB:1万3980円
・32GB:1万5980円
・32GB 4G対応モデル:2万2980円

専用カバーも発売

また、まるで本の表紙を開くように端末を操作できる専用カバーも用意します。

engadget
素材ごとに価格が異なっており、高品質な皮の質感をもつプレミアムレザーはラスティックの1色で、6680円。その他レザーはブラック・メルロー・パンチレッド・インディゴブルーの4色で4680円。水に強いファブリック素材のカバーはチャコールブラック、カナリアイエロー、マリンブルーの3色で、各3680円です。