サムスン、Surface Pro似のGalaxy Book 2発表。Snapdragon 850搭載

LTEでの常時接続が魅力

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年10月19日, 午後 02:25 in personal computing
0シェア
FacebookTwitter
Galaxy Book 2
Samsungが、Surface Proによく似た2-in-1タイプの12インチ Windows 10 PC、Galaxy Book 2を発表しました。米国では11月2日に発売。価格は999.99ドル(約11万2000円)。


日本でも発売された前モデル、Galaxy Bookの12インチモデルはintel Core i5(10.5インチモデルは Core m3)を搭載していましたが、Galaxy Book 2では今年6月に発表されたWindows向けのSnapdragon 850が採用されています。また、LTEにも対応するほか、最大20時間のバッテリー駆動を実現するとしています(Windows 10 Sモードの場合)。


前モデルにはなかったキックスタンドも搭載し、見た目はSurface ProそっくりなGalaxy Book 2。Surface Proではキーボードとペンが別売りですが、Galaxy Book 2には付属します。

Galaxy Book 2

主な仕様を抜き出すと、ディスプレイは12.0インチのsAMOLEDで解像度が2160x1440。SoCはSnapdragon 850(4 x 2.96GHz + 4 x 1.7GHz)、メモリ(RAM)は容量4GBのみ、ストレージは容量128GBでmicroSDにも対応します。背面カメラは8MPで、フロントは5MP。

インターフェースはUSB Type-C x 2と3.5mmオーディオジャックを装備。本体側に指紋センサも搭載しています。無線は802.11 a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)。X20モデムを内蔵しており、ギガビットLTE接続に対応。なお、eSIMはサポートされず、物理SIMのみとなるようです。

本体サイズは約287.5 x 200.0 x 7.6 mmで重さ約794g。OSはWindows 10(S モード)ですが、無償でWindows 10 Homeへのアップグレードも可能です。

メモリが4GBのみなのは残念なところですが、Snapdragon 850ならば4GBでもそこそこ快適に動作するのかもしれません。この辺りは実機で確認したいところです。

なお、同じくSnapdragon 850を搭載するWindows端末としては、LenovoがC630を発表済み。こちらはRAM 8GB仕様も用意され、日本での発売も予定されています。



 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: gadgetry, gadgets, gear, microsoft, personal computing, personalcomputing, qualcomm, qualcommsnapadragon850, samsung, samsunggalaxybook2
0シェア
FacebookTwitter