Twitter
Twitterはルール違反を報告されたツイートへの対処法として、2つの新たな通知を追加したと発表しました。

1つはTwitterルールに違反が確定して非表示になったツイートに対し、Twitterが行った対応の結果なのか、それとも違反者自らが削除したものなのかを明確にすること。

もう1つは報告した本人が、報告したツイートを見なくても済むように非表示にするというもの。いずれも、Twitterが対処した場合の透明性を高めるためと述べられています。
まずTwitterルールに違反が確定したツイートへの対応。従来はただツイートが消されるだけでしたが、これではTwitterが対応した結果なのか、違反者が自ら消したのか区別が付きません。

そこで今後は、Twitterが対応した場合は「Twitterルールに違反しているのでツイートが表示できません(This Tweet is no longer avaiable because it violated the Twitter Rules)」という通知および、TwitterルールとTwitterの対処に関する詳細が記載されたページのリンクを表示するとのこと。

Twitter

この通知はツイートがTwitterにより削除された後、違反者のプロフィールおよび該当ツイート上に2週間表示されるとのこと。そして、モバイル版アプリおよびWeb版のTwitter.com上で数週間以内に利用できるようになると告知されています。

さらに「報告したツイートを、報告者が見たくない」というフィードバックにも対応。こちらはすでに反映されており、報告したツイートには「あなたはこのツイートを報告しました(You reported this Tweet)」との通知が上書きされ、該当ツイートが隠れて見えなくなります。ただ、やはり見たい場合には、「View」をタップすれば再表示できるそうです。

Twitter

Twitterでは一斉に理由が不明な大量のアカウント凍結が起こることもある一方で、陰謀論者のアカウントに長らく対策が取られない場合があるなど、判断の不透明性には批判の声も上がっていました。

今のところ「Twitterの対処に関する詳細」がどの程度踏み込んだ内容なのか、ツイートが削除された理由の詳細まで語られることになるのかは不明ですが、今後のTwitterの取り組みを見守りたいところです。