today

10月22日のおもなできごと

2008年、米T-MobileがAndroid1.0搭載「T-Mobile G1」(HTC Dream)を発売
2009年、マイクロソフトが「Windows 7」を発売
2009年、レノボがNVIDIA ION採用ネットブック「IdeaPad S12」を発売
2013年、アマゾンが「Kindle Paperwhite」の新モデルを発売

2008年:世界初のAndroid搭載スマホとなる「T-Mobile G1」

today

Android1.0を採用し、米T-Mobileが発売した世界初のAndroidスマホがこの「T-Mobile G1」。HTCが製造し、この発表以前から「HTC Dream」として多くの情報が流出していた端末でもあります。iPhoneに対抗できる大型新人が登場したと期待されました。とはいえ、初期のAndroidは機能もUIも洗練されておらず、あまり使いやすいとはいえないものだけに、使う人をかなり選ぶ端末でした。

タッチパネルを搭載しているところはスマホらしさがありますが、スライド式キーボードとトラックボールを備えているところを見ると、PDAの流れをくむ従来端末から脱却できていないのがわかります。今見ると、逆に何だか新しい気がしてきますね。

2009年:Windows Vistaの次に登場した新バージョン「Windows 7」

today

今でもまだ使いたがる人が多い「Windows 7」が発売されたのが、2009年。不評だったVistaの次のバージョンということで、不安と期待が半々といったところでしたが、ふたを開けて見れば人気のバージョンとなりました。Vistaで不評だったUIが改善されていたこと、意外と動作が軽かったことなどがその理由でしょうか。もちろん、XPからの買い替え需要が多かったというのもあります。

人気のバージョンは長く使われるため、今でもWindows 7を使っている人はいるかもしれませんが、既にメインストリームサポートは終了しています。ついでに言えば、Windows 8.1もメインストリームサポートが終了していますので、なるべく早くWindows 10へと移行しましょう。