Google assistant
昨今画面デザインの改修や機能強化が続くGoogleアシスタントですが、この傾向はさらに続くようです。間もなく、Googleアシスタントにウェブ上からも利用できるリスト機能とメモ機能が追加されるかもしれません。

9to5GoogleがGoogleアプリの内部コードを調査した結果、「リストとメモ」というウェブサイト(ウェブアプリ)が見つかっています。すでにリストの作成などはできますが、まだどことも連携はしておらず、完全なスタンドアロン環境となっているようです。
おそらくこの「リストとメモ」は、現在Googleアシスタントで利用できるショッピングリスト(これはウェブからも利用可能)や、音声でのみ利用できるメモを置き換えるものなのでしょう。機能的には、リスト項目を追加したり、メモ書きをすることしかできない、とてもシンプルなものです。

Googleには純正アプリのGoogle TasksやGoogle Keepがあるので、これらとの連携を期待したいところですが、Googleアシスタント側から利用する(読み上げるなど)には、まだ複雑すぎるのかもしれません。

ただ、同種の機能があちこちに分散していると結局使わなくなってしまいがちです。すぐには難しくても、いずれ機能の統合は期待したいところです。